コンプレックスとは

世の中の男性は自分の中で何をコンプレックスに感じているのでしょう。男性に特有のコンプレックスだったり、男女に共通しているコンプレックスだったり、さまざまなコンプレックスをそれぞれの人が持っています。完璧な人はいないので誰にでも少なからず自分のことで気になる所はありますが、その中でも大半を占めるのが自分の体に関するコンプレックスです。身長が低い、髪が薄い、男性器のことや体重など、体に自信のない所があるというのは女性のコンプレックスと共通していて、自分の体を見て、人と比べて、自分の理想と照らし合わせてここが悪い、ここが足りないと気にしてしまうのです。

昔から女性は弱く男性は強いといわれていますが、実は男性もナイーブでちょっとしたことで傷ついたり、いつまでも引きずっていたりもします。気にしすぎることで自分に自信もなくなってしまうくらい、体のことやスタイルのことで悩んだり気にしたりしている男性が意外と多いのです。収入や学歴もコンプレックスになっています、こちらは男性に特有で女性よりも男性の方が気にしている人が多いのが特徴です。特に収入の少なさは生活の厳しさにつながり、結婚などさまざまな場面で焦りを感じてしまいますし、彼女や妻、同僚や友人との年収の違いは収入のコンプレックスにつながりやすいものです。

恋愛のコンプレックスでは恋愛経験の少なさや恋人がいないこともコンプレックスになります。このようにさまざまな所でコンプレックスを感じ、プライドが傷つけられている男性はいるのです。誰かがなにげなく言った言葉や評判などで男としての自信やプライドが折れてしまうこともあるように、男性も女性と同じくらい繊細だったりするのです。